ご案内

サイズの測り方

ふすま測り方

襖(ふすま)を交換して、「ふすまリフォームドア」、「アルマジ」、「押入リフォームクローゼット」など交換する場合、襖(ふすま)のサイズと襖(ふすま)を取り付ける枠のほうのサイズを測ることが必要です。

サイズを測るときは、金属製のメジャー「コンベックス」を使用して測ります。
ビニール製のメジャーなどで測られると、メジャー自体が延びる事もあります。きちんと測ることが難しいので、必ず、金属製のメジャーをご利用ください。


金属製のメジャー「コンペックス」

襖(ふすま)を測る順番は襖(ふすま)の本体→枠のサイズ→溝の幅と深さです。
現在使っている襖(ふすま) _ 建具 と 枠_敷居・鴨居の両方を測ります。では、測り方のポイント紹介します。

襖(ふすま)本体の測り方

襖(ふすま)本体の高さと幅を測ります。このときに気を付けたいことは、襖(ふすま)の一番上から一番下まで図ることが大切です。
襖(ふすま)本体のサイズを測る場合は、枠(敷居や鴨居)から外してから測るようにします。取り外して横に寝せた状態で測りましょう。外して横にして測ると、より正確に測ることができます!

襖(ふすま)の幅と高さを測るときには、木枠の外側から外側までをmm単位で計測します。使っているうちに歪んだりすり減ったりしている場合もあるため、2、3か所位置を変えて測っておくと安心です。襖(ふすま)には溝に差し込む部分だけが細くなっているものもありますが、、その場合は、必ず一番長い箇所の長さを測ってください。また、襖(ふすま)の下に戸車(とぐるま)というレールやフロアの上を移動させる小さな車輪が付いているものがあります。その場合は、その車輪の箇所から襖(ふすま)本体の先まで測ります。

襖(ふすま)を取り付ける枠の部分の測り方

枠の部分のサイズを測定しましょう。幅は襖を取り付ける場所の左右の柱の内側を測る。高さは溝の深さを除いた内側の部分を測ります。枠が歪んでいる場合もあるため、高さを測る時は3ヵ所、幅は2ヵ所を必ず測りましょう

溝の測り方

あくまでも目安ですが、溝の幅と深さは上の溝が10~20㎜程度、下の溝の深さが1~3㎜程度になります。溝と溝の幅は9㎜、12㎜、15㎜ほどになります、溝の幅は21㎜ほどになるので確認しましょう。
明らかにこの数値よりも大きかったり、小さかったりする場合は、測り間違いの可能性が高いので、もう一度確認ください。

また、溝の幅は年数が経つとすり減っていることもあるため、できるだけ溝の底部分を測るのがオススメです!

最後に

サイズを正しく測れていないと、ご注文いただいた、「ふすまリフォームドア」や「アルマジ」、「押入れリフォームドア」「シンプルスタイルドア」など購入したの建具が取り付けられなかった、なんてことにもなりかねない。なるだけきちんとサイズを測りましょう。

「和室の出入り口」「押入れ」といった間取りによっても大きさや取り付けする枚数も変わります。間取りのサイズ(タイプ)別の記入表があるので、ダウンロードして測りましょう。